January 31, 2018 / 9:17 AM / 21 days ago

三井住友FG、4─12月期の当期利益は+19% 進捗率100%超え

[東京 31日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループが31日発表した2017年4―12月期当期利益は前年同期比19%増の6481億円となった。通期予想の6300億円に対する進捗率は100%を超えたが、予想は据え置いた。傘下証券会社での運用商品販売やクレジットカードビジネスが好調で、不振の銀行収益を支えた。

連結粗利益は、同3.1%増の2兆2421億円、本業の収益力を表す連結業務純益は同9.8%増の9304億円となった。

ただ、三井住友銀行単体の業務粗利益は、同16.6%減の1兆0623億円、業務純益も同30.6%減の4558億円にとどまり、銀行本業の苦戦が鮮明となっている。銀行の資金利益も手数料収益もともに減益となった。

連結の与信関係費用は前年同期よりも160億円改善の519億円の損失。株式損益は同2倍の889億円の利益計上となった。 (布施太郎)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below