April 13, 2018 / 6:58 AM / 8 days ago

上海外為市場=しっかり、貿易摩擦への懸念が一服

[上海 13日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場はしっかり。3月貿易統計では輸出が予想外に減少したものの、第1・四半期の対米黒字は大幅に増加した。

中国の習近平国家主席が一段の市場開放を明言したことを受け、米中間の本格的な貿易戦争が回避され、人民元の大幅な切り下げは行われないとの楽観的な見方が広がっている。

JPモルガン・アセットマネジメントのグローバル・マーケット・ストラテジスト、ハンナ・アンダーソン氏は「われわれの見解では、中国当局は報復措置として人民元切り下げを行わないだろうが、人民元切り下げが可能であると米国に気付かせる可能性はある」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を6.2898元と、前営業日の基準値(6.2834元)よりも元安方向に設定した。

スポット市場の人民元は6.2899元で始まった。0525GMT(日本時間午後2時25分)時点では6.2912元で取引されている。

オフショア市場の人民元は6.2889元。前営業日の非公式の終値(6.277元)から元安となっている。

3月貿易統計では輸出が予想外に減少。昨年2月以降で初めて。3月輸入の伸び率は予想を上回った。

貿易収支も昨年2月以来の赤字。第1・四半期の対米貿易黒字は同19.4%増の582億5000万ドルだった。

アンダーソン氏は「人民元は引き続き米財務省の監視対象になるだろう」と指摘。「米為替報告書がボラティリティー上昇につながる可能性はあるが、米政策の重要な変化はないとみている」と述べた。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は97.86で、前日の97.89から下落。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.383と、基準値に比べ1.46%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below