January 25, 2018 / 5:32 AM / a month ago

上海外為市場=人民元が一段高、対ドルで15年11月以来の高値

[東京 25日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで一段と上昇し、2015年11月以来の高値を付けた。ムニューシン米財務長官のドル安容認発言を受け、ドル指数が3年ぶり安値水準に下落したことが背景。

ムニューシン長官は世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で会見し、「明らかにドル安はわれわれにとり良いことだ。貿易や各種機会に関わるからだ」と述べ、ドル安を歓迎する姿勢を示した。

ドル指数はアジア市場で88.98に下落し、14年12月以来の安値を付けた。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を15年11月以来の元高水準となる1ドル6.3724元に設定した。前営業日の基準値(6.3916元)と比べ192ポイント(0.3%)の元高水準。

スポット市場の人民元は6.3666元で始まった後、午前の取引で15年11月2日以来の高値となる6.3271元に上昇した。

正午時点の人民元は6.3300元。これは前日終値に比べ290ポイントの元高、基準値に比べ0.67%の元高。

オフショア市場の人民元も上昇トレンドに追随。一時6.3253元に上伸した。正午時点では6.3325元。

トレーダーらは元の上昇について、主としてドル安の進行によるものと指摘。ただ市場では、元高が急速に進み過ぎているのではないかとの声も出ている。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.4525元と、基準値に比べ1.24%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below