Reuters logo
上海外為市場=人民元が対ドルで軟調、1週間ぶり6.6元台 基準値の元安設定などで
2017年10月17日 / 05:32 / 1ヶ月後

上海外為市場=人民元が対ドルで軟調、1週間ぶり6.6元台 基準値の元安設定などで

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して軟調。中国人民銀行(中央銀行)が設定する対ドル基準値(中間値)が元安水準となったほか、企業のドル需要が強まり、元相場は節目を下回った。

きょうの人民元の対ドル基準値は前営業日比44ポイント(0.07%)安の1ドル=6.5883元。オーバーナイトの外為市場におけるドル高を反映した。

スポット市場の人民元は1ドル=6.5970元で始まり、中盤時点では前営業日終値比130ポイント安の6.6020元。基準値比では0.21%安。6.6元台に乗せたのは1週間ぶり。

トレーダーによると、銀行顧客のドル買いが拡大し、スポット市場の人民元を押し下げた。ただ、中国共産党大会の開幕を控え、短期的には現在の水準近辺で安定しそうだという。

投資家らはまた、19日に公表される第3・四半期の中国国内総生産(GDP)統計を見極めようとしている。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場を0.05%上回る1ドル=6.599元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7525元と、基準値比2.43%の人民元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below