February 27, 2019 / 6:15 AM / 21 days ago

上海外為市場=人民元が小幅に上昇、FRB議長発言でドルに圧力

[香港 27日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は27日、ドルに対して小幅に上昇した。ドルの幅広い下落や、米中通商交渉を巡る最近の前向きな動きが支援している。

米中交渉については、トランプ米大統領が24日、3月1日に予定されていた中国製品に対する関税の引き上げを延期すると表明。週明け25日には人民元が7カ月ぶりの高値に急上昇した。ただきょうは、ベトナムでの米朝首脳会談を控え、通商問題はあまり注目されていない。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、さらなる利上げについて「判断を急がず」、引き続き「忍耐強く」政策運営に当たると強調、ドルに圧力がかかっている。

ある中国の銀行のトレーダーは「(米中通商交渉で)明るいニュースがさらに出れば、(人民元は)短期的に押し上げられる可能性がある。ただ足元ではドルを注視している」と語った。

国内スポット市場の人民元は取引中盤時点で1ドル=6.6930元。前日終値比で69ポイントの元高、基準値比では0.11%の元安となっている。中国人民銀行(中央銀行)は、この日の基準値を1ドル=6.6857元と、前日の基準値(6.6952元)よりも元高水準に設定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below