June 6, 2018 / 5:54 AM / 5 months ago

上海外為市場=人民元が小幅上昇、企業のドル需要が上値抑制

[上海 6日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元の対ドル相場は6日、対ドル基準値が元高に設定されたことを受けて、一時は1週間超ぶりの高値水準に上昇した。ただ中盤時点では、ドル需要の高まりを背景に上値が抑制されている。

中国人民銀は人民元の対ドル基準値を1ドル=6.4040元に設定し、前営業日基準値比で117ポイントの元高とした。

スポット市場の人民元は1ドル=6.4036元で始まった後、6.3910元と5月28日以来の高値に上昇した。中盤現在は前営業日終値比57ポイント高の6.3951元で推移している。

トレーダーは、6.4元が引き続き心理的に重要な節目と指摘。人民元がこの水準を抜けて上昇すると、企業のドル需要が高まるという。

オフショアの人民元は1ドル=6.387元で、国内スポット市場に比べて0.13%元高となっている。また、オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は1ドル=6.4955元と、基準値比で1.41%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below