Reuters logo
上海外為市場=人民元が1年2カ月ぶり高値、ドル売り膨らむ
2017年8月30日 / 05:30 / 1ヶ月前

上海外為市場=人民元が1年2カ月ぶり高値、ドル売り膨らむ

[上海 30日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで1年2カ月ぶり高値に上昇。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値(中間値)を大幅な元高水準に設定した。

機関投資家や企業のドル売りも膨らんでいる。

国内市場の元は、月初から対ドルで2.2%上昇。月間ベースでは、データを遡れる1994年以降で最高の上昇率を記録する見通しだ。元は同年に「公定レート」と「実勢レート」が一本化された。

この日の基準値は1ドル=6.6102元で、2016年8月17日以来の元高水準に設定された。

前日の基準値6.6293元との比較では、191ポイント(0.29%)の元高水準。

国内スポット市場の元は、6.5980元で始まった。中盤のレートは6.5818元で、前日終値比で138ポイントの元高、基準値比で0.43%の元高となっている。

オフショア人民元も上昇。中盤のレートは6.5859元で、国内市場よりも0.06%の元安水準。

元は前日終盤に心理的な節目となる6.6元を突破し、6.5元台に上昇。その後、企業やトレーダーから売りが出ていた。

上海の国内銀行のトレーダーは「きょうはドル売りが膨らんでいる」と指摘。投資家や大量にドルを保有する企業から損切りの売りが出ているという。

銀行間市場の流動性はこの日もタイトな状況。人民銀行は公開市場操作を通じて差し引き1000億元(152億ドル)を吸収した。

上海銀行間取引金利(SHIBOR)は、すべての期間が2日連続で上昇。翌日物は2015年4月以来の高水準だった。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7315元。基準値比で1.80%の元安水準となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below