September 13, 2018 / 9:54 AM / 11 days ago

上海外為市場=人民元はしっかり、米中通商協議再開への期待が支え

[上海 13日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場はしっかり。トランプ米政権が通商協議の再開を中国側に提案したことが明らかとなった。

JPモルガン・アセット・マネジメントのチーフ・マーケット・ストラテジストは、米政権の提案が短期的な安心感を与えるが、まだ用心しなければならないとの見方を示した。

一方、国内銀行のトレーダーは同提案を受け、市場センチメントが改善したと述べた。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の元の基準値(中間値)を1ドル=6.8488元と、前日基準値(6.8546元)に比べ58ポイント元高方向に設定したが、トレーダーによると市場予想におおむね一致したという。

元高方向に設定された基準値が支えとなり、スポット市場の人民元は9月7日以来の元高水準となる1ドル=6.8327元で始まった。0830GMT(日本時間午後5時30分)時点の終値は1ドル=6.8487元。

みずほ銀行(香港)のシニア・アジア通貨ストラテジストはノートで「年内の人民元市場は引き続き不透明性が高いとみられる。米中貿易戦争がどのように展開していくか次第だ」と述べた。

また「中国人民銀行が人民元防衛に向け明確な姿勢を示している」ため、人民元が1ドル=7元を超える元安ドル高に向かうことはないだろうとの見方を示した。

0830GMTのオフショア人民元は6.8470元とスポット市場より元高ドル安だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below