March 26, 2018 / 5:57 AM / 6 months ago

上海外為市場=人民元は下落、企業によるドル買いで

[上海 26日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対米ドルで下落。米中の貿易関係に対する懸念から下落していたドルに、企業の買い戻しが入った。

主要6通貨に対するドル指数は朝方に89.354と、2月20日以来の水準に低下。中盤時点では89.401で推移している。

貿易戦争への懸念から、投資家は中国株を売却し、株式相場は下げ幅を拡大した。ただ、人民元のトレーダーは、元は短期的には大幅安にはならないと予想、また政府が元安を貿易戦争の武器として利用するとも考えていない。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.3193元に設定した。前営業日の基準値(6.3272元)と比べ79ポイント(0.13%)の元高水準。

スポット市場の人民元は6.3100元で始まった後、中盤時点で6.3148元で推移。これは前日終値に比べ13ポイントの元安。

一部の市場参加者は、全面的な貿易戦争となった場合、元は若干の上昇圧力を受けると予想している。

元は前週、ドルに対し0.25%上昇したが、中国外貨取引センター(CFETS)の貿易加重ベースによるCFETS人民元指数はほぼ横ばいだった。同指数は週間で発表され、23日は96.11、その1週間前は96.12だった。

オフショア市場の人民元は6.3087元と、オンショアの水準に比べて0.10%の元高。オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.4200元と、基準値に比べ1.57%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below