Reuters logo
上海外為市場=人民元は下落、企業のドル需要が拡大 週間では3カ月ぶり大幅安
2017年6月23日 / 05:08 / 5ヶ月後

上海外為市場=人民元は下落、企業のドル需要が拡大 週間では3カ月ぶり大幅安

[上海 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落。基準値(中間値)の元安設定や、企業のドル需要が要因となった。週間では0.41%安と、3月3日以来3カ月以上ぶりの大幅安となる見込み。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.8238元と5月31日以来の元安水準に設定した。前日は6.8197元だった。

スポット市場の人民元は6.8351元で始まった後、中盤時点で6.8422元近辺。前日比で54ピップ安、基準値比で0.27%安。

国内銀行の上海支店のトレーダーは「6月は通常、ドル需要が強い。企業の配当支払いや、石油会社からの需要によりドル買い/元売り需要が増える」との見方を示した。

複数のトレーダーによると、相場を6.83元より元高水準に維持するため、今週午後は主要国有企業が元買い/ドル売りを行っていたという。2人のトレーダーによると、大手銀行によるドル流動性の供給はこの日午前にはみられなかった。午後に国有銀行が参加してくることを警戒しているのではないかとみている。

国有銀行は昨年後半以来、外為市場で定期的にドル売りを出してきた。一部のトレーダーは、当局による元の下支えの一環だと指摘した。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は94.14と、前日の94.28を下回った。

オフショア市場の人民元は6.8444元で、オンショアのスポット市場比0.03%の元安水準。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は7.0155元と、基準値比2.73%の元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below