Reuters logo
上海外為市場=人民元は下落、週間でマイナスへ 米予算決議案可決でドル買い
2017年10月20日 / 05:14 / 1ヶ月前

上海外為市場=人民元は下落、週間でマイナスへ 米予算決議案可決でドル買い

[上海 20日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は下落。米上院が19日、2018会計年度(17年10月─18年9月)予算の大枠となる予算決議案を僅差で可決したことを受け、ドルが上昇した。人民元は週間でマイナスとなる見通し。

トレーダーによると、海外市場でドルが全般的に上昇したほか、朝方の取引では企業によるドル買いが継続してみられたため、元に下方圧力がかかった。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.6092元と前日基準値(6.6093元)から1ポイント元高方向に設定。

スポット市場の人民元は6.6080元で始まった後、 中盤時点では6.6235元で推移。これは前日終値比65ポイントの元安、基準値に比べ0.22%の元安。

スポット相場の終値がこの水準近辺となった場合、週間では0.65%安となる見込みだ。

トレーダーによると、オンショアのスポット相場においては今週、企業のドル買い需要が主な要因となった。資金ニーズのある一部の企業は、月半ばにドル買いを入れることが多いという。

OCBC銀行(シンガポール)エコノミストのTommy Xie氏は、人民元オプションのインプライドボラティリティー(予想変動率)は8月以降、安定的に上昇しており、元高・元安方向いずれのボラティリティーも拡大するとの観測が広がっていると指摘。オンショア人民元は年内、1ドル=6.5―6.7元で推移すると予想した。

主要6通貨に対するドル指数は93.446と、前日終値の93.266から上昇。

オフショア市場の人民元は6.6235元と、オンショアとほぼ同水準で推移。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7785元と、基準値に比べ2.50%の元安となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below