April 12, 2017 / 6:50 AM / 9 months ago

上海外為市場=人民元は対ドルで軟化、地政学リスクの高まりで

[上海 12日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで軟化。人民銀行(中央銀行)が基準値を元高に設定したものの、地政学リスクの高まりへの懸念に下押しされた。

オフショアの人民元相場は前日に続き、オンショア市場よりも軟調となった。オフショア元のほうがオンショアよりも弱く推移したのは、3月初め以来。

米国によるシリア攻撃や北朝鮮を巡る緊張の高まりを受け、逃避先として米国債や金、円などの安全資産に資金が流れており、それが元を圧迫する要因となっている。

人民銀は元の基準値を1ドル=6.8940元に設定。前日基準値(6.8957元)よりも元高とした。

スポット市場で元は、6.8960元で寄り付き。中盤ころには6.8980元で取引された。前日終値より77ポイント安。

在上海の日系銀行トレーダーは「(中国当局にとっては)今年は安定が主要テーマ。オンショア市場は狭いレンジ内を推移し、全般的に閑散だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below