September 18, 2019 / 6:06 AM / in a month

上海外為市場=人民元は小幅上昇、米FOMC待ち

[香港 18日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は小幅上昇。市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定に注目している。

米短期金融市場で金利が急上昇し混乱がみられたものの、人民元やアジアの外為市場の反応は限定的となっている。

シティのアナリストはリポートで「FOMCの決定発表やドルの流動性状況が一段と明確になるまで、市場参加者が方向性のあるエクスポージャーを拡大する可能性は低い」と指摘。元やその他のアジア通貨はきょうは大きく変動しないとの見方を示した。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=7.0728元に設定。前日営業日の基準値(7.073元)と比べて若干元高水準となった。

国内市場の元は、中盤時点で前日終値比0.06%高の1ドル=7.0869元。

上海のトレーダーは、基準値の設定が元を下支えしているとの見方を示し、「当局は引き続き為替レートを安定させるのに積極的なようだ」と述べた。

市場関係者は、今週予定されている米中貿易交渉の次官級協議にも注目している。

オフショア人民元は1ドル=7.0846元で、オンショア市場のスポット相場との比較では0.03%の元高。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は1ドル=7.146元と、基準値に比べ1.02%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below