December 21, 2018 / 6:11 AM / 4 months ago

上海外為市場=人民元は小幅安、下値支持線は6.90元近辺

[香港 21日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅安となった。年末休暇が近づく中で水準はあまり変わらないと予想するトレーダーが多く、下値は限られた。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.8825元と元高寄りに設定した。にもかかわらず、スポット市場の人民元は中盤時点で6.8905元と、前日終値に比べ70ポイントの元安で推移した。

上海に拠点を置く外銀のトレーダーは元の下落について、ユーロ高により下落していたドルが小幅ながら回復したことが要因だと分析した。

みずほ(香港)のアジア為替担当シニアストラテジスト、Ken Cheung氏は、年末までの元相場は6.90元前後で推移すると予想した。

オフショア市場の人民元は6.8943元と、オンショアの水準に比べて0.06%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below