Reuters logo
上海外為市場=人民元は小幅安、企業のドル需要高まる
2017年10月11日 / 06:06 / 8日前

上海外為市場=人民元は小幅安、企業のドル需要高まる

[上海 11日 ロイター] - 11日中盤の上海外国為替市場の人民元相場は、ドルに対して小幅に下落。企業のドル需要が強まったことが背景。

市場関係者によると、1週間後に迫った中国共産党大会を控え、当局が人民元相場の安定に努めているという。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.5841元に設定。前日のスポット市場やオーバーナイトのドル相場を反映し、過去3週間で最も人民元高水準となった。上昇率としては6月1日以来の大きさ。

スポット市場の人民元は1ドル=6.5780元で始まり、正午時点のレートは前日終値比16ポイント元安の6.5834元。基準値からは0.01%元高水準となった。

人民銀の周小川総裁が為替制度の改革を引き続き行うとコメントしたことを受け、今週の市場では、共産党大会後に人民元の取引バンドが拡大される可能性が話題となっている。

INGアジア部門のリサーチ責任者、ロブ・カーネル氏は「現行の取引バンドは人民元の大きな制約になってはいないが、通貨政策の信頼性や資金流出を減少させた最近の戦略奏功を示している」との見方を示した。

スポット相場は現在、その日の基準値の上下2%以内の変動が認められている。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場を0.07%上回る1ドル=6.5786元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below