September 25, 2018 / 6:20 AM / a month ago

上海外為市場=人民元は小幅安、大型連休控え薄商い

[上海 25日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、薄商いの中、ドルに対して小幅下落。中国では大型連休を控えている。市場では、米中貿易摩擦の激化が引き続きセンチメントを悪化させている。

米国は24日、2000億ドル相当の中国製品に対する新たな関税を発動し、中国も600億ドル相当の米国製品を対象に報復関税を発動した。

中国商務省の王受文商務次官は25日に開いた記者会見で、米国が「中国の首にナイフを突き付けている」ため、米中の貿易交渉を進めることが困難になっていると主張した。

市場参加者は、きょう序盤の人民元は比較的動きが鈍いと述べた。前日は中秋節の祝日で、10月1日からは国慶節の大型連休が始まる。

トレーダーは25日の元安は主に企業顧客の月末のドル需要によるものだと指摘、大型連休が近いことから大規模なポジションの維持には消極的だと話した。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.844元と、21日(6.8357元)に比べて83ポイント元安方向に設定。予想に近い水準となった。

スポット市場の人民元は6.8584元で始まり、中盤の取引では6.8627元と、前営業日終値比27ポイントの元安。

午前の取引で元は約70ポイントの非常に狭いレンジで推移。中盤までの出来高は約110億3500万ドルと、通常の半日の取引の約150億ドルを下回る水準。

一部トレーダーは、元が短期的に対ドルで6.8─6.9元で推移すると予想している。

トレーダーは25日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果に注目。今年3度目となる利上げの決定が見込まれている。

大半の人民元トレーダーは人民銀行は金利を据え置くと予想している。

オフショア人民元は6.8643元で、スポット市場と比べて0.02%の元安水準。

オフショア人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.942元と、基準値比で1.41%元安となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below