Reuters logo
上海外為市場=人民元は軟化、中国GDP統計や企業のドル買い受け
2017年10月19日 / 05:53 / 1ヶ月後

上海外為市場=人民元は軟化、中国GDP統計や企業のドル買い受け

[上海 19日 ロイター] - 午前の上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して軟化した。第3・四半期の中国の経済指標が低調だった一方、企業のドル買い需要は旺盛で、元への下押し圧力が強まった。

中国国家統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.8%増となり、市場予想と一致。第2・四半期からは若干鈍化した。

ただ、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は今週初め、今年下半期の成長率が上半期から加速し、7%に達するとの見通しを示していた。

OANDAのアジア太平洋地域トレーディング責任者、スティーブン・イネス氏は顧客リポートで「周総裁の発言を受けて上振れサプライズに備えていた強気の地合いは、あっという間に巻き戻されるだろう」と指摘した。

中国人民銀行(中央銀行)が設定したこの日の対ドル基準値(中間値)は、前営業日比102ポイント(0.15%)安の1ドル=6.6093元。

元安・ドル高水準の基準値設定は3日連続。心理的な節目である6.6元も10月10日以来初めて突破した。

トレーダーらはきょうの基準値について、おおむね予想通りと話している。

スポット市場の人民元は1ドル=6.6290元で始まり、一時6.6390元まで下落した。中盤時点では前営業日終値比46ポイント安の6.6317元。基準値比では0.34%安。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場を0.05%下回る1ドル=6.6353元。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は95.4と、前日の95.62から低下した。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.79元。基準値比で2.66%の人民元安になっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below