May 3, 2018 / 6:27 AM / 6 months ago

上海外為市場=人民元は3カ月ぶり安値、ドルが上昇

[上海 3日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対米ドルで下落し、3カ月ぶり安値。米ドルが上昇したほか、基準値(中間値)が1月以来となる元安水準に設定されたのが要因。

主要6通貨に対するドル指数は4カ月ぶり高値近辺で取り引きされた。

人民元は対ドルで0.5%安。下落率としては3月1日以来の大きさとなった。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.3732元に設定した。これは1月24日以来の元安設定で、前営業日の基準値(6.3670元)と比べ62ポイント(0.1%)の元安水準。

スポット市場の人民元は6.3664元で始まった後、中盤時点で6.3663元で推移。これは前日終値に比べ33ポイントの元安。

最近数週間、当局による元安誘導はトレーダーの予想より積極的だという。

トレーダーによると、この日朝の取引ではドル高が引き続きスポット元の下方圧力につながったものの、市場は概して安定的だった。

オフショア市場の人民元は6.3646元と、オンショアの水準に比べて0.03%の元高。オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.469元と、基準値に比べ1.48%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below