June 30, 2017 / 4:41 AM / 7 months ago

上海外為市場=人民元は4日続伸 週間で1%高へ、05年以来の大幅上昇

[上海 30日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対米ドルで4日続伸。ドルが幅広い通貨に対して売られており、元は週間で2005年以来の大幅上昇となる見込みだ。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.7744元と、昨年11月7日以来の元高水準に設定。これは、前日の6.7940より196ピップ(0.3%)元高の水準であり、ドルが主要通貨バスケットに対し約9カ月ぶり安値で推移していることを映した。

主要6通貨に対するドル指数は0314GMT(日本時間午後零時14分)時点で95.511。一時95.470と、10月以来の安値を付けた。

スポット市場の人民元は1ドル=6.7691元で始まった後、いったん6.7551元まで上昇。0314GMT時点では6.7670まで押し戻された。これは前日終値比で181ピップ元高、基準値比では0.11%の元高。

元は週間で約1%高、上期では2.7%高となる見通し。昨年は約6.5%下落していた。

トレーダーによると、この日は主要な国有銀行がドル売りを出している。ただ、顧客からの注文か、当局による元下支えの動きかは不明だという。

この日発表の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.7と、前月および市場予想を上回った。ただ市場参加者によると、外為市場での反応は鈍い。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.938と、基準値比2.36%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below