June 26, 2017 / 5:50 AM / 7 months ago

上海外為市場=人民元は8日続落、基準値は元高設定

[上海 26日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対米ドルで8営業日続落の見込み。5月末の元高は中国当局による誘導とみられており、トレーダーらは同国のファンダメンタルズや、中銀がどの程度金利を高水準に維持するかに注目している。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.822元と、前営業日の6.8238元から元高方向に設定した。

スポット市場の人民元は1ドル=6.8340元で開始した後、中盤時点で6.8407元と、前週末終値比27ピップ安で推移している。

UOB銀行はドルの上向きのモメンタムが回復しているとし、元が6.8370元を引き続き下回るようであれば、6.8550元まで下落する可能性があると予想した。

先進国市場とアジア市場で、金融政策の方向性が異なることにより、資金の動きや通貨に影響が出るとの見方もある。HSBCはリポートで「先進国の中銀は金融引き締めに向かっている一方、アジアの新興国では、バイアスは引き続き緩和的だ」と指摘した。

中国では当局の金融引き締めにより金利は高水準で維持されているが、HSBCは「それがどの程度続くかは不明だ。経済成長は再び鈍化する見込みで、インフレは低水準に張り付いている中、人民銀がブレーキをかける能力には限界がある」と述べた。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は93.88と、前週末の94.1から低下。

ドル指数は97.273と、前週末の97.264から低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below