March 27, 2018 / 6:04 AM / 6 months ago

上海外為市場=人民元一時7週間ぶり高値、元高の基準値受け

[上海 27日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対米ドルで上昇し、一時7週間ぶりの高値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.2816元とし、元を2%切り下げた2015年8月11日以来の元高水準に設定したことが背景。

基準値は前日の設定(6.3193元)に比べ、377ポイント(0.6%)の元高水準。

市場予想にはおおむね沿った水準だったが、スポット市場の元を押し上げた。

スポット市場は6.2579元で始まり、序盤の取引で一時6.2523元まで上伸。2月7日以来の高値を付けた。

中盤時点では6.2602元で推移。これは前日終値に比べて205ポイントの元高となる。基準値比では0.34%の元高。

ドル指数は中盤時点で89.058。26日に付けた5週間ぶり安値(88.979)に接近している。

一部の市場関係者によると、目先のスポット市場は6.3─6.36元で推移するとの見方が強い。

元が狭いレンジの上限を突破したことで市場参加者と銀行の顧客双方からのドル売りが強まり、市場の地合いは改善した。

元のオプションのインプライドボラティリティー(予想変動率も27日に改善。

市場ウオッチャーは、米中の貿易戦争に対する懸念が後退する中、元の上昇モメンタムが強まったと指摘している。

OCBC銀行のエコノミストは顧客宛ての調査メモで「ドルと通貨バスケットに対する人民元の突然の上昇は、中国が貿易摩擦緩和に向けて妥協する可能性が強いと市場がみていることを示唆する」と分析した。

中国の李克強首相は26日、貿易問題について米中両国が引き続き交渉で対処することが重要との認識を示した。

オフショア市場の人民元も上昇。一時6.2400元と、15年8月11日以来の高値を付けた。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.36元で、基準値に比べ1.23%の元安水準。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below