Reuters logo
上海外為市場=人民元上昇、国有銀行のドル売りが支援
2017年7月4日 / 05:48 / 5ヶ月後

上海外為市場=人民元上昇、国有銀行のドル売りが支援

[上海 4日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上昇。主要国有銀行によるオンショア市場でのドル売りに支援されている。

中国人民銀行(中央銀行)は4日の取引開始前、人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.7889元とし、前日の基準値からは117ピップ、0.17%元安の水準に設定した。比率としては6月20日以来の大幅な元安設定。

オーバーナイトでのドル高を受けて、元の基準値は元安設定となったが、スポット市場の元は上昇。

スポット市場の人民元は1ドル=6.7981元で始まり、中盤の時点では前日終値比18ピップ高の6.7972元。基準値比では0.12%の元安。

市場関係者によると、主要国有銀行は1ドル=6.80元の水準でドル売りを出したため、スポットの元は午前中は狭いレンジ内で推移した。

中国系銀行のトレーダーは、人民元のボラティリティーや国有銀行による頻繁なドル供給を背景に、市場参加者は最近取引を控えていると指摘した。

市場関係者によると、4日も企業のドル買いは継続。海外株主への配当支払いなどで、例年6月と7月は企業のドル需要が高まる時期という。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は94.47で、前日の94.49から低下。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場よりわずか1ピップ元高の1ドル=6.7971元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.966元と、基準値比2.54%の元安水準。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below