April 13, 2017 / 6:06 AM / 9 months ago

上海外為市場=人民元上昇、米の為替操作国不認定で

[上海 13日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は上昇。中国人民銀行(中央銀行)が基準値を大幅な元高/ドル安に設定したことや、トランプ米大統領がドルは強過ぎ、中国を為替操作国と認定しないと表明したことが支援材料。

ドル相場は、トランプ大統領の発言を受けおおむね軟調。ドル指数は100.06と、前日終値の100.78から下落している。

人民銀は取引開始前、基準値を1ドル=6.8651元と、2月17日以来の高水準に設定した。前日同値は6.8940元だった。

直物は正午時点で6.8790元と、前日終値比0.0140元の元高/ドル安。

先週に中国の習近平国家主席との会談を終えたトランプ大統領は12日、中国を為替操作国と認定しないとして、選挙公約を翻した。

在上海の中国系銀行のトレーダーは、為替操作国と認定されないことは「大きな驚きではない」として、元相場に与える影響は「短期的にとどまる」と予想した。

中国が13日に発表した貿易統計によると、3月の輸出は前年同月比16.4%増、輸入は20.3%増と、市場予想をともに上回った。ただ、元相場には影響しなかった。

人民銀は13日、14営業日ぶりにオペを再開。1100億元を供給した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below