March 4, 2019 / 5:29 AM / 20 days ago

上海外為市場=人民元上昇、米中の通商合意期待で

[香港 4日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は上昇した。米中の通商協議が近く合意に達する可能性があるとの報道が支援材料となった。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は3日、米中両政府間の通商協議が進展したことを踏まえると、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が3月27日ごろに首脳会談を開き、正式に通商合意を結ぶ可能性があると報じた。

0414GMT(日本時間午後1時14分)時点で、国内スポット市場の人民元は、前日終値比で180ポイント元高の6.6898元。基準値比0.23%の元高水準となっている。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の基準値(中間値)を1ドル=6.7049元と、前日基準値(6.6957元)よりも元安方向に設定した。

上海拠点の中国の銀行トレーダー2人は、米中のどちらも、通商協議の合意が近いとは確認していなため、人民元の上げは限定的だと指摘した。

トレーダーの1人は、正式発表を待っていると述べ、それまで人民元相場は300ベーシスポイント(bp)のレンジ内取引になるとの見方を示した。

ドル指数は96.424と、前日終値の96.527から低下した。

中国全国人民代表大会(全人代)の開幕を控え、投資家は当局が低迷する国内経済を押し上げるため刺激策を打ち出すかどうかに注目している。

オフショア人民元は6.6885元と、スポット水準に比べて0.02%の元高。前日終値比では0.39%の元高水準。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below