May 21, 2019 / 5:57 AM / a month ago

上海外為市場=人民元上昇、米国のファーウェイ規制緩和で

[上海 21日 ロイター] - 上海外国為替市場で人民元はドルに対して上昇した。米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する規制を一時的に緩和すると明らかにしたことから、センチメントがやや改善した。

米商務省は20日、ファーウェイが既存ネットワークの保守や既存のスマートフォン向けのソフトウエア更新を行えるようにする一時的な措置を発表した。

人民銀はこの日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8990元に設定。前日の6.8988元より2ポイントの元安。元安方向への基準値設定は9営業日連続。

ただ市場関係者によると、最近の基準値は市場予想と比べると、一貫して元高となっている。21日の基準値はロイターがまとめた予想(6.9059元)よりも69ポイント元高だった。

国内スポット市場の人民元は1ドル=6.9094元で始まり、中盤時点では6.9024元と前営業日終値比109ポイントの元高。基準値比では0.05%の元安。

市場参加者は、基準値が予想よりも元高方向に設定されていることや、人民銀行が最近、人民元相場の安定維持を表明していることは相場を下支えしていると指摘する。

ある市場参加者は、人民元相場を押し上げるために人民銀行が間もなく介入する可能性がある、との見方を示した。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=6.9265元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below