November 27, 2018 / 5:59 AM / 16 days ago

上海外為市場=人民元下落、トランプ氏発言で米中首脳会談への期待しぼむ

[上海 27日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、ドルに対して小幅下落した。トランプ米大統領の発言を受けて、米中首脳会談で両国の貿易摩擦が解消されるとの期待がしぼんでいる。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は30日からアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、首脳会談を行う予定。

26日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、トランプ大統領はインタビューで関税引き上げの見送りを求める中国の要請を受け入れる可能性は「非常に低い」と述べた。

アナリストの間では、米中首脳会談が貿易問題の打開につながるとの見方は少ない。ただ、両首脳が交渉を継続する姿勢を示せば、金融市場には安心材料となる。

中国人民銀行は、人民元のこの日の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.9463元と、前営業日の基準値(6.9453元)よりも元安水準に設定した。

国内スポット市場の人民元は1ドル=6.9476元で取引を開始。中盤時点では、6.9440元と、前営業日終値比で35ポイントの元安となっている。

この日発表された10月の中国工業部門企業利益は、前年比3.6%増となり、伸び率は9月の4.1%を下回り、6カ月連続で鈍化した。ただ、人民元相場ではほとんど材料視されなかった。

中盤時点で、オフショア人民元は、1ドル=6.9434元となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below