June 5, 2018 / 5:50 AM / 5 months ago

上海外為市場=人民元下落、企業のドル需要で

[上海 5日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、企業のドル需要の高まりを背景に下落した。アナリストの間では、底堅い米経済指標によりドルの堅調が続けば、人民元は一段安になるとの見方が広がっている。

きょうの人民元の対ドル基準値は前営業日比51ポイント(0.08%)高の1ドル=6.4157元。

一方、スポット市場の人民元は1ドル=6.4109元で始まり、中盤時点では前営業日終値比62ポイント安の6.4089元。

人民元は引き続きドル相場に左右されている。市場参加者によると、主要通貨に対するドル指数が94近辺で推移するなか、ドル買いの動きが広がった。決済などの資金を手当てするためにドル買いの機会を伺っていた企業による買いが入ったという。

マッコーリー・セキュリティーズの中国担当チーフエコノミスト、ラリー・フー氏は、ドルの全面高に伴い人民元の一段安が見込まれるとし、ドル高が続けば人民元相場は今月、年初に記録した6.5元をつける可能性がある、との見方を示した。

オフショアの人民元は、1ドル=6.4059元で、国内スポット市場に比べ、0.05%元高。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.5045元と、基準値比1.37%の人民元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below