June 4, 2018 / 5:50 AM / 4 months ago

上海外為市場=人民元下落、基準値の元安設定やドル需要で

[上海 4日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、人民銀行が対ドル基準値を元安方向に設定したことや企業のドル需要の高まりを背景に下落した。

ドルは5月米雇用統計の結果を受けて堅調だったが、この日は主要通貨に対して反落。ドル指数は0.2%安の93.984。

きょうの人民元の対ドル基準値は前営業日比130ポイント(0.2%)安の1ドル=6.4208元と、1月18日以来の元安水準に設定された。

スポット市場の人民元は1ドル=6.4198元で始まり、一時6.4234元まで下げた。中盤時点では前営業日終値比3ポイント安の6.4198元。

ドルの短期的な堅調に一部で懐疑的な見方が広がり、出来高は午前の取引で縮小した。

市場参加者やアナリストは、今後の人民元相場を見極めるため、米中の通商協議の行方に注目している。

北京で開かれていた米中通商協議は3日に終了。中国は、米国が関税やその他の貿易制裁を導入した場合、貿易や経済を巡る両国の合意は全て効力を失うとする声明を発表した。

オフショアの人民元は、1ドル=6.4158元で、国内スポット市場に比べ、0.06%元高。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.5165元と、基準値比1.47%の人民元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below