May 28, 2019 / 5:42 AM / 22 days ago

上海外為市場=人民元下落、相場巡る人民銀の意図に不透明感

[上海 28日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで下落している。世界的なドル高を反映した。投資家は、人民元の方向性に関する中国人民銀行(中央銀行)の意図が引き続き不透明と受け止めており、取引は低調だ。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.8973元に設定した。前営業日基準値(6.8924元)と比べて49ポイント(0.07%)の元安水準にあたる。

国内スポット市場の人民元は6.8980元で取引を開始した。中盤時点のレートは6.9072元で、前営業日終値比で98ポイントの元安、基準値比では0.14%の元安水準となっている。

この日の人民元は、心理的に重要な節目とされる6.9元で値固めの展開。取引高は中盤時点で117億8100万ドル相当にとどまり、通常の半日の取引高である約150億ドルを大幅に下回っている。

トレーダーは、世界経済や政策意図を巡る不透明感から、市場参加者は人民元の次の方向性について確信が持てないでいると指摘する。

ある中国国内銀行のトレーダーは「当局がこれまでにしたことは、市場に対する口先の警告だけだ。(人民元安を回避するための)多くのツールがまだ、活用されていない」と述べた。

中盤のオフショア人民元は1ドル=6.9201元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below