July 5, 2018 / 4:50 AM / 4 months ago

上海外為市場=人民元下落、米の対中関税適用前で様子見

[上海 5日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は下落。米国が6日から340億ドル相当の中国製品に対し関税を課す見通しの中、中国も報復措置を取る構えを示しており、世界的な貿易戦争への懸念が高まっている。

人民元は0330GMT(日本時間午後0時30分)時点で1ドル=6.6380元。前日終値は6.6330元だった。

トレーダーによれば、この日の対ドル基準値(中間値)は市場予想の範囲内だったが、6日の関税発動を控え様子見ムードが広がっているとし、5日午前の出来高は低調だった。

0324GMT(日本時間午後0時24分)時点の出来高は79億5100万ドルと通常時の半分程度にとどまっている。

人民元の6月の月間パフォーマンスは対ドルで3.3%安と過去最低だった。

国内銀行のトレーダーは「人民元は6日までレンジ取引が続きそう」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below