February 28, 2020 / 6:46 AM / 3 months ago

上海外為市場=人民元下落、米利下げ観測で下値は抑制

[上海 28日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は下落した。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、リスク資産が世界的に売られている。一方、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測を背景に、人民元の対ドルでの下落ペースは抑制されている。

国内スポット市場の人民元は1ドル=7.0030元で取引を開始。中盤時点では7.0105元と、前日終値から60ポイントの元安水準となっている。

市場では、FRBが早ければ来月にも利下げする可能性があるとの見方が広がっており、ドルは幅広い通貨に対して軟化している。

外資系銀行のあるトレーダーは、ドルの下落に加えて、新型ウイルスの中国本土での感染が落ち着きつつあることを示す兆候を背景に、人民元は他の主要なアジア通貨と比べて「相対的に底堅い」と指摘する。

ただ「株式市場の世界的な下落が続き、リスク回避ムードがさらに高まれば、人民元も下落するだろう」と語った。人民元の動向は、中国の株式と債券市場に大きく左右されるとも付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below