Reuters logo
上海外為市場=人民元下落、GDP織り込み済み、MLF金利は据え置き
2017年4月17日 / 06:46 / 7ヶ月前

上海外為市場=人民元下落、GDP織り込み済み、MLF金利は据え置き

[上海 17日 ロイター] - 17日中盤の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで下落している。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の対ドル基準値を元安に設定したことや、中期貸し出しファシリティ(MLF)を通じ、短期金融市場に資金が供給されたことが背景。MLF金利は据え置かれた。  金融システムにおける資金増や、金利引き上げ見送りによって、流動性逼迫(ひっぱく)への懸念が和らいだ。こうした懸念を背景に、ここ最近、元高観測が強まっていた。  トレーダーによれば、予想を上回った1─3月期国内総生産(GDP)など、この日発表された一連の経済指標は、おおむね相場に織り込まれていた。  人民銀はこの日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8785元に設定。前営業日(6.8740元)より元安・ドル高だった。  スポット(直物)市場の人民元相場は6.8842元で寄り付いた後、正午ごろ時点で6.8880元で推移。これは前営業日終値比0.0025元、基準値比0.14%の元安・ドル高水準。  人民銀はこの日、MLFを通じて4955億元(719億8000万ドル)を供給。リバースレポは実施しなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below