Reuters logo
上海外為市場=人民元下落、5日からの全人代に注目
2017年3月2日 / 04:41 / 9ヶ月前

上海外為市場=人民元下落、5日からの全人代に注目

[香港 2日 ロイター] - 2日中盤の上海外国為替市場の人民元の対米ドル相場は下落した。米国の早期利上げ観測が高まる中、ドルが7週間ぶりの高値を付けた。

金融市場関係者は、中国の政策の手掛かりを得ようと、5日に始まる全国人民代表大会(全人代)を待ち構えている。

中国当局は通常、注目される政治イベントの間、人民元を比較的安定的に推移させている。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8809元に設定。これは前日の6.8798元よりも元安・ドル高。

スポット市場では、人民元が6.8850元で寄り付いた後、正午ごろは前日終値比0.0012元の元安・ドル高となる6.8836元を付けた。

上海の中国系銀行のトレーダーは「人民元はドルの動きに追随している。市場ではドル需要が見られる。われわれは全人代で大きなニュースが出るかどうかを待ち構えている」と述べた。

オフショア市場の人民元相場はオンショア市場比0.11%元高・ドル安の1ドル=6.8761元。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below