July 14, 2017 / 5:29 AM / 6 months ago

上海外為市場=人民元堅調、週間でも上昇へ

[上海 14日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対米ドルで上昇している。中国人民銀行(中央銀行)が基準値(中間値)を元高水準に設定したことが背景。週間ベースでも上昇する見込み。

この日の基準値は1ドル=6.7774元と、ほぼ2週間ぶりの元高水準となった。前営業日の基準値は6.7802元だった。

スポット市場の人民元は6.7801元で始まった。正午時点のレートは6.7814元。前日終値から34ポイントの元高水準となっている。基準値比では0.06%の元安。

現在の水準で取引を終えれば、元は週間ベースではドルに対して0.4%近く上昇することになる。前週は0.4%下落していた。

午前の取引で、スポット市場の人民元は50ポイント以内のレンジで推移し、正午時点の取引高は88億1100万ドルに縮小。13日は全日の取引高が285億2500万ドルだった。

中国系銀行のトレーダーは、人民元の目先の取引レンジを6.78─6.82元とみており、スポットレートがレンジの元高方向に近づくにつれ、一部企業によるドルのポジション解消の動きが高まると指摘した。

ただ、7月は通常、企業のドル需要が高まる時期となる。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は94.46と、前日の94.44から上昇。

オフショア人民元は、オンショアのスポット市場より0.02%安の1ドル=6.7828元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.9215元と、基準値比2.08%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below