June 17, 2019 / 6:07 AM / a month ago

上海外為市場=人民元小動き、基準値は予想より元高設定

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は小動き。中国人民銀行(中央銀行)が設定したこの日の元の対ドル基準値(中間値)を前営業日基準値比ほぼ横ばいで、市場予想より元高の水準だった。

取引開始前に発表された基準値は1ドル=6.8940元で、前営業日基準値(6.8937元)からわずか3ポイントの元安水準。ロイターがまとめた市場予想(6.9207元)との比較では267ポイントの元高水準。

国内スポット市場の元は1ドル=6.9234元で始まり、中盤時点では6.9238元と、前営業日終値より20ポイント元高で推移している。

基準値は過去数週間、節目となる1ドル=6.9元よりやや元高と一貫して市場予想よりも元高水準に設定されている。先月から米中貿易摩擦が一層激しくなり、人民元を圧迫している。

午前の取引では40ポイント以下の狭いレンジで推移した。取引高は105億0200万ドルに縮小。通常、半日の取引高は150億ドル前後となる。

OCBC銀行(シンガポール)のグレーターチャイナ担当責任者、トミー・シエ氏は「市場はドル/オンショア人民元が最終的に1ドル=7元を突破する元安のシナリオに向けて準備しているものの、このところの厳しく管理された基準値設定は、中国当局が短期的には新たな適切な手掛かりなしにこの水準の突破を容認する意図はないことを示している」と指摘した。今月末の20カ国・地域(G20)首脳会議を控えて人民元は狭いレンジでの取引を続けるとみている。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=6.9297元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below