February 14, 2019 / 5:00 AM / 2 days ago

上海外為市場=人民元小安い、米中通商協議への期待で下げ幅限定的

[上海 14日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅安。今週再開された米中通商協議の進展を巡り、市場は慎重ながらも楽観的な見方を示しており、下げ幅は限定的となっている。

米中の閣僚級協議が14日、北京で始まった。米国のムニューシン財務長官は会合に先立ち「きょうの協議を楽しみにしている」と記者団にコメントした。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.7744元に設定。前日基準値(6.7675元)比で69ポイント(0.1%)の元安水準だった。

スポット市場の人民元は6.7702元で始まった。中盤のレートは6.7620元と、前日終値比で20ポイントの元安、基準値比では0.18%の元高となった。

市場は米中通商協議の行方に注目しており、この日発表された1月貿易統計が予想を上回ったことにはほとんど反応していない。

中国の銀行のトレーダーは、協議の結果が出るまで人民元は小幅なレンジ内で推移するとの見方を示した。

オフショア人民元は、トランプ米大統領が中国製品への関税引き上げ期限を60日延長することを検討しているとのブルームバーグの報道を受けて一時、1ドル=6.7655元まで上昇した。中盤時点では6.7720元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below