Reuters logo
上海外為市場=人民元小幅上昇、党大会控え慎重ムード
2017年10月16日 / 05:20 / 1ヶ月後

上海外為市場=人民元小幅上昇、党大会控え慎重ムード

[上海 16日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅上昇。市場関係者によると、この日の基準値(中間値)が小幅元高で設定されたことが背景。共産党大会を控え、慎重ムードが広がっている。

共産党大会は18日に開幕する。市場関係者によると、党大会を控え、当局は引き続き相場の安定を重視する見通し。

この日の基準値(中間値)は1ドル=6.5839元。13日の基準値6.5866元より0.04%元高水準だった。

スポット市場の元は6.5810元で始まった。中盤のレートは6.5765元。前営業日終値より40ポイント元高、基準値比では0.11%元高。

市場関係者は、朝方のスポットの元相場は基準値や銀行顧客の資金フローでほぼ決まると説明し、こうした状況が今週の党大会開催中は続くとの見方を示した。

朝方発表された9月のインフレ統計はさほど材料視されなかったという。

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、今年下半期の中国経済の成長率は上半期から加速し、7%に達するとの見通しを示した。

オフショア人民元は1ドル=6.569元と、国内市場のレートより0.11%元高。

オフショアの元1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は、6.723元と、基準値より2.07%元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below