March 12, 2018 / 5:07 AM / 7 months ago

上海外為市場=人民元小幅上昇、基準値の元高設定で

[上海 12日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、ドルに対して小幅上昇した。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値を元高方向に設定したことや、ドルが若干軟調になっていることが背景。ただ、人民元相場は短期的にはレンジ取引が続くと市場参加者は予想している。

人民銀行はこの日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.3333元に設定した。前営業日の6.3451元と比べて118ポイント(0.19%)元高の水準。

国内スポット市場の人民元は6.3298元で始まった。中盤時点では6.3306元で、前日終値比54ポイントの元高、基準値比では0.04%の元高。

複数のトレーダーは、人民元は方向感に乏しい展開となっており、オンショア市場では短期的に6.30─6.36元の間のレンジ取引になるとの見方を示した。

5日に開幕した中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は20日に閉幕する。主要政治イベント中に当局は通常、人民元相場の安定維持に努める。

オフショア人民元は6.3274元と、国内スポット市場に比べ0.05%の元高。

オフショア人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.4575元で、基準値比で1.92%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below