January 3, 2020 / 5:33 AM / 24 days ago

上海外為市場=人民元小幅下落、中東情勢緊迫で地合い悪化

[香港 3日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、小幅下落。アジア新興国通貨は米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害で地合いが圧迫され、米中「第1段階」通商合意書の署名を巡る期待に影を落としている。

米国防総省は、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、同司令官を殺害したと発表した。

オンショアの人民元は中盤時点で0.05%安の1ドル=6.9678元。オフショア人民元は0.07%安の6.9664元。

上海のトレーダーは、人民元は依然として通商協議と中国経済の動向が主な材料で、米軍の攻撃は見通しに大きく影響しないとの見方を示した。

トランプ米大統領は31日、米中「第1段階」通商合意書の署名を来年1月15日にホワイトハウスで行うと表明した。

取引開始前に発表された人民元の対ドル基準値(中間値)は1ドル=6.9681元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below