December 27, 2019 / 6:04 AM / a month ago

上海外為市場=人民元小幅下落、預金準備率引き下げ観測広がる

[上海 27日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、小幅下落。企業のドル需要と新年を控えた預金準備率引き下げの観測に押されている。

市場では、今週李克強首相が、中小企業の借り入れコスト引き下げに向け、預金準備率の「目標を絞った」引き下げなど追加措置を検討する方針を示したことで、預金準備率引き下げの観測が広がっている。

例年12月後半は流動性ひっ迫の懸念が浮上するが、今年は市場の資金が潤沢で、銀行間市場金利は数年来の低水準。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.9879元に設定。前日基準値(6.9801元)に比べて78ポイント(0.11%)元安だった。

国内スポット市場は1ドル=6.9980元で始まり、中盤時点では前日終値比9ポイント安の6.9989元。

市場参加者の多くは年末休暇入りしており、商いは方向性を欠いている。

オフショア市場は中盤時点で1ドル=6.996元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below