January 4, 2018 / 5:38 AM / 6 months ago

上海外為市場=人民元小幅安、基準値の元安設定やドル高で

[上海 4日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、ドルに対して小幅安。ドルが堅調な米経済指標を背景に上昇する中、人民銀行(中銀)は元の対ドル基準値(中間値)を5営業日ぶりに元安水準に設定した。

人民銀行はこの日の基準値を1ドル=6.5043元と、前営業日の基準値(6.4920元)と比べ123ポイント(0.19%)の元安水準に設定。1日の引き下げ幅としては2017年11月6日以来の大きさ。

国内スポット市場の元は6.5070元で始まった。中盤のレートは6.5078元で、前日終値比73ポイントの元安、基準値比で0.05%の元安となっている。

トレーダーは、午前の市場は全体的に安定していると指摘した。オーバーナイトでのドルの上昇を受けて、国内市場参加者はドルのショートポジションを一部カバーしたという。

上海を拠点とする外資系銀行のトレーダーは人民元が短期的にレンジ取引を続けるとの見方を示した。

市場関係者や一部トレーダーは、ドルが1年を通して上昇し、人民元を押し下げると予想した。ただ元は2017年は9年ぶりの大幅高を記録した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンはノートで、人民元が今年緩やかに下落していくとの見通しを示し、第4・四半期末時点のレートを1ドル=6.9元と予想した。

オフショア市場の人民元は6.5048元と、国内の水準に比べて0.05%の元高。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.6405元と、基準値に比べ2.05%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below