February 12, 2018 / 5:58 AM / 3 months ago

上海外為市場=人民元小幅安、旧正月控えドル需要拡大

[上海 12日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅下落。旧正月を控えたドル需要や、連休前の慎重地合いで軟調な展開となっている。

人民元は先週、2013年初め以来の長期上昇となる9週連続の上昇で取引を終えた。年初からの上昇率は3.2%。

人民銀行は12日の人民元基準値(中間値)を1ドル=6.3001元と9日の基準値(6.3194元)から193ポイント(0.3%)の元高水準に設定した。

スポット市場の人民元は6.2959元で始まった後、中盤時点で6.3045元と前日終値に比べ76ポイントの元安、基準値に比べ0.07%の元安。

オフショアの人民元は6.3123元でオンショアより0.12%の元安水準。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.445元で、基準値に比べ2.25%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below