March 6, 2018 / 5:55 AM / 5 months ago

上海外為市場=人民元小幅高、企業のドル需要で上値重い

[上海 6日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅上昇。やや元高方向に設定された基準値(中間値)に支援されているものの、企業のドル需要増加で上値は重い。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.3386元に設定。前営業日の6.3431元と比べて45ポイント(0.07%)元高の水準。

国内スポット市場の人民元は6.3352元で始まった。中盤時点では6.3404元で、前営業日終値比15ポイントの元高、基準値比では0.03%の元安。

市場筋によると、ドル指数はオーバーナイトで低下したものの、トランプ米大統領が明らかにした輸入関税に端を発した貿易戦争の可能性を巡る懸念が緩和したことから上海市場では企業のドル需要が増加した。

市場は引き続き、米中間の貿易問題と5日に開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に注目している。

スコシアバンク(シンガポール)の外国為替ストラテジストは、6日付の顧客向けノートで「ドル/人民元のショートポジションを維持する。目標は6.20元で、人民元は差し当たり6.20─6.40元のレンジで推移する見通しだ」と指摘した。

オフショア人民元は6.3395元と、国内スポット市場に比べ0.01%の元高。

オフショア人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.467元で、基準値比で1.99%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below