March 21, 2018 / 8:23 AM / a month ago

上海外為市場=人民元小幅高、FOMC結果待ちで様子見

[上海 21日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅高。利上げが予想されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、様子見となっている。

エコノミストやアナリストの間では、中国人民銀行(中央銀行)がインターバンク市場の金利を小幅に引き上げることで米利上げに追随するとみられている。

ある中国の銀行のトレーダーは「人民元取引は依然として明確な方向性に欠けており、投資家は短期的な元の動向を左右する可能性のあるFOMC後のドルの動きに注目するとみられる」と指摘した。

人民銀行はこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.3396元に設定した。前営業日の基準値(6.3246元)と比べ、150ポイント(0.24%)の元安水準。

スポット市場の人民元は6.3350元で始まった後、中盤時点では6.3321元と前日終値に比べ31ポイントの元高。

一部の市場参加者は、FOMC後のパウエルFRB議長のコメントが市場の想定内であれば、ドルも人民元も大きな変動はないとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below