June 21, 2017 / 5:25 AM / 7 months ago

上海外為市場=人民元横ばい、A株のMSCI指数組み入れには反応薄

[上海 21日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで横ばい。

中国本土上場の人民元建て株式(A株)を新興国株指数に組み入れると米MSCIが決定し、大規模な資金流入が予想されることへの反応はほとんど見られない。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の元の対ドル基準値(中間値)を6.8193元とし、前営業日の6.8096元から元安方向に設定した。

スポット市場の人民元は6.8304元で始まり、中盤時点で6.8292元で取引されている。これは前日終値比で0.0003元の元高、基準値比で0.15%元安の水準。

人民元は6月14日以降、対ドルで約0.53%下落している。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の試算では、中国A株のMSCI指数組み入れ後の1年で約120億ドルがA株市場に流入する見通し。

ただ、ANZのほか、ゴールドマン・サックス、クレディ・スイスは、資金流入の実質的な人民元への影響は限定的との見方を示している。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は94.38と、前日の94.14を上回った。

オフショア市場の人民元は6.828元で、オンショアのスポット市場比0.02%の元高水準。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.995元と、基準値比2.51%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below