April 30, 2019 / 5:51 AM / 22 days ago

上海外為市場=人民元軟化、予想下回るPMI受け

[上海 30日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで軟化。中国の製造業購買担当者景気指数 (PMI)が予想よりも弱い内容となったことが背景。

この日発表された国家統計局と財新の4月製造業PMIはともに、2カ月連続で節目の50を上回ったものの、前月から低下。一連の景気刺激策にもかかわらず、中国経済が勢いを維持できずにいることが示された。

みずほ銀行(香港)のアジア通貨担当上級ストラテジストは「4月の中国(PMI)が低下し、景気回復への信頼感を損ねた可能性がある」と指摘した。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.7286元に設定した。前営業日基準値(6.7310元)比24ポイント(0.04%)の元高水準。

国内スポット市場の人民元は1ドル=6.7391元で始まり、中盤時点では6.7377元と前営業日終値と比べ31ポイント、基準値と比べ0.14%の元安水準。

ノムラ(香港)の中国担当チーフエコノミストは、リサーチノートで「中国当局は過去2週間に政策に関してハト派色を弱めてきたが、きょうのPMIを受け、特に金融緩和においてはハト派姿勢がやや強まるだろう」と指摘した。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=6.7439元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below