January 17, 2019 / 5:47 AM / a month ago

上海外為市場=人民元軟化、企業の資金需要薄れる

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで軟化。海外市場でドルが堅調に推移する中、企業からの季節的な人民元需要が鈍った。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.7592元に設定した。前営業日の基準値(6.7615元)と比べ23ポイントの元高方向となる。

スポット市場の人民元は6.7496元で始まった後、中盤時点では6.7645元と、前日終値に比べ65ポイント、基準値に比べ0.08%の元安水準。

市場筋によると、センチメントは安定しているものの、最近みられていた企業によるドルの大量売りが落ち着いた。

中国の銀行のトレーダーは「特に製造業セクターでは多くの企業が旧正月の連休を控え来週から休業するため、法人顧客のドル売りはほぼ終わった」と指摘した。

別のトレーダーは、スポット市場の人民元はこのところの大幅上昇を受けて値固めの展開となっているとし、短期的にはドルの動きに影響されるとの見方を示した。

オフショア市場の人民元は6.7706元近辺で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below