Reuters logo
上海外為市場=人民元軟調、企業のドル需要がやや優勢
2017年8月25日 / 05:00 / 1ヶ月前

上海外為市場=人民元軟調、企業のドル需要がやや優勢

[上海 25日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して軟調。企業のドル需要がやや優勢となっている。ただ、市場参加者が米ジャクソンホール会議の内容を見極めようとする中、下げ幅は限定的となっている。

人民元は週間ベースでは横ばいとなっている。年初来では4.2%高。

きょうの人民元の対ドル基準値は前営業日比54ポイント(0.08%)安の1ドル=6.6579元。

スポット市場の人民元は1ドル=6.6605元で始まり、中盤時点では前営業日終値比20ポイント安の6.6660元。基準値比では0.12%安。

中国系銀行のトレーダーは今週に入ってから企業のドル需要が強まっていることについて、一部の投資家が一段の元高はなさそうだと考え、割安と考えるドルのポジションを積み上げている可能性があると指摘した。

オフショアの人民元は、オンショアのスポット市場を0.06%上回る1ドル=6.6617元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.8105元と、基準値比2.24%の人民元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below