February 26, 2020 / 6:23 AM / 5 months ago

上海外為市場=人民元軟調、新型ウイルスへの懸念で

[上海 26日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は軟調。中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を元高方向に設定したが、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大しており、パンデミック(世界的な大流行)につながるのではないかとの懸念が浮上している。

欧州では新型ウイルスの感染が拡大している。米疾病対策センター(CDC)も、感染が中国外に広がっていることを踏まえ、米国内での感染拡大に備えるよう警戒を促した。

人民銀行はこの日の基準値を1ドル=7.0126元と、前日基準値(7.0232元)に比べて106ポイント(0.15%)の元高水準に設定。基準値としては2月20日以来の高値となった。

国内スポット市場の元は1ドル=7.0250元で取引を開始。中盤のレートは7.0189元と、前日終値比で59ポイントの元安水準となっている。

市場関係者によると、米利下げ観測を受けたドル売りが、この日午前の元の下落圧力を一部相殺している。

国内銀行のあるトレーダーは、新型ウイルスの感染拡大で引き続き安全資産としてドルが買われるかもしれないと指摘した。

オフショア人民元は1ドル=7.0285元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below