March 15, 2019 / 5:36 AM / 5 days ago

上海外為市場=人民元、3週間ぶり安値から持ち直す

[上海 15日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで一時3週間ぶり安値に下落した後に持ち直した。李克強首相が、経済成長が妥当なレンジを下回る水準になることはないと明言したことを好感した。

李首相は、中国は米国との通商交渉が結果を出すことを望むとも述べた。全国人民代表大会(全人代)閉幕の会見での発言。

序盤の取引では、米中首脳会談の開催が遅れるとの報道で人民元が売られていた。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の基準値(中間値)を1ドル=6.7167元に設定。前日基準値(6.7009元)よりも158ポイント(0.24%)元安水準で、基準値の1日の下落率としては2月12日以来の大きさだった。

国内スポット市場は6.7230元で始まった後、2月22日以来の安値となる6.7301元に下落した。

中盤時点では6.7204元で、前日終値比で36ポイント高、基準値比では0.06%安。

オフショア市場の人民元は中盤時点で1ドル=6.7235元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below